脇の黒ずみやくすみができる原因と対策

暖かくなって薄着になってくると目立ってくるのがムダ毛です。
中でも脇のムダ毛がきちんと処理されていないなど最悪で、多くの女性たちはムダ毛の処理に気を使っています。

ワキのムダ毛の処理で最も簡単にできるのが入浴タイムを利用してカミソリで剃るという方法です。しかし、実はこの方法は確かに自分の都合に合わせて手軽に無駄毛の処理ができるのですが、同時にワキの下の肌にとても強い刺激を与え負担をかけることにつながるものです。

ムダ毛は処理してあるけれど、なんだか脇の下が黒ずんで見えたりくすんで見えることに悩んでいる人は少なくありません。これは長い間カミソリを使ったり毛抜きで抜いたりといった処理方法を繰り返したことで肌に刺激を与え続けることでメラニン色素が沈着してしまったことが原因の一つです。

これはメラノサイトと呼ばれる色素細胞が、肌への刺激から守るために起こる防御反応とされています。脇をカミソリで剃ったり、衣類の摩擦から守るために防御反応して色素沈着してしまうのです。

特にわきの下の皮膚はとても薄くてデリケートであり、ムダ毛と言えども、本来なら肌を守るために太い毛が生えている部位でもあります。

デリケートな脇の皮膚を守るために、もしもカミソリなどで自己処理するとしてもクリームを使って刺激を和らげるようにしたり、処理後に化粧水や乳液などを使って肌を保護することを心がけることでも肌への負担が軽減されることにつながり、結果的に脇の黒ずみの予防になります。

ただし、自己処理を繰り返している以上肌に負担をかけることには変わりないので、できることならば医療機関などで脱毛してもらう方が安心です。

そしてわきの下の黒ずみは衣類によって摩擦や蒸れが起きたり、制汗剤の使い過ぎによって汗腺や皮脂腺などが詰まってしまうこともげんいんのひとつとして挙げられます。

ただし、黒ずんでしまったことを隠そうとあれこれ刺激を与えてしまうと、さらに刺激によって黒ずみが悪化してしまう場合もあるので要注意です。

黒ずみを解消したいならば、毎日のスキンケアもかかせません。
こちらの脇 黒ずみでおすすめされている専用のジェルクリームなども使用してみても効果的です。

脇の黒ずみを治したいならば、カミソリでの脱毛は避けて、毎日のスキンケアを怠らないことが大切なのです。